ブログ 肌の悩み

ほうれい線を薄くする5つの方法

老化の悩みと言えば、唇の両脇にできる縦じわ。

そう、ほうれい線です。

ほうれい線ができる原因は、たるみです。

「重力には、逆らえない」

「表情筋(※1)も衰えてるだろうし、もう歳だから」

そんなふうに諦めている方が多いのですが、原因はもっと違うところにあります。

それは、ほうれい線ができたシワの上部分に、答えがあったのです。

その部分が重たくなってくることで、皮膚が下へとたるみ、ほうれい線ができています。

※1)顔の目や口、鼻などを動かす筋肉のこと。口の周りの口輪筋は、口元のたるみに繋がると言われている。

 

どうして肌が重たくなるのでしょうか?

ポケットに沢山キャンディーを詰め込んだら、どうなるでしょうか?

ポケットが重たくなって、下へ下へと、、、下がりますよね?

その下がる現象こそが、ほうれい線の正体です。

ほうれい線に悩んでいる方は、まずは下の写真の赤丸の部分を鏡でチェックしてみましょう。

この部分に、以下の症状はありませんか?

  • 毛穴の広がり
  • 脂浮き
  • 赤み
  • 吹き出物
  • 痒み
  • 角栓つまり
  • 毛穴の黒ずみ

1つでも当てはまるなら、毛穴に汚れが詰まっているといえます。

 

毛穴の中には、

✔︎皮脂

✔︎角質

✔︎化粧品

と、様々な汚れが潜んでいます。

その量が多いほど、肌がたるむリスクは大きくなるのです。

ほうれい線が気になるからといって、その部分に化粧品をプラスしたら??

もうお分かりですよね。

さらに、たるみます!

汚れで重たくなっている肌に、さらに化粧品をプラスするなんて、もってのほか!なのです。

ほうれい線は、益々深くなるでしょう。

また重たい肌は、いくら表情筋を鍛えても持ち上げることは難しくなります。

マッチョになるくらい顔の筋肉を鍛えたら、持ち上がるかもしれませんが。笑

筋肉を鍛えて、背中にのせた重い荷物を持ち上げようとするのか、そもそも荷物自体を軽くするのか。

あなたなら、どちらを選びますか?

重くなった荷物(汚れ)を軽くする方が、改善の近道ですよね。

ほうれい線が薄くなる5つの対策

ほうれい線の正しい対策は、シワになっている部分の少し上部分、そこの毛穴の汚れと古い角質を除去していくことが必要です。

5つのポイントをご紹介しましょう。

1.毛穴を詰まらせる油分の強い化粧品(ファンデーション)は、今すぐやめましょう!クレンジング剤を必要としない化粧品が目安です。

2.クリーム、クレンジング、UV製品、コンシーラー、オイル、も手放してください。肌の代謝力をとり戻すためです。

3.洗顔の前は、十分な予洗いをして、汚れを落としやすくしましょう。洗面器にため湯をしお顔をつけると、毛穴も角質も解れやすくなります。

4.泡を使い、擦らず丁寧に洗いましょう。毛穴に対して平行に、あて洗いをお勧めします。くるくると手を回す洗い方は、毛穴の汚れを取り残します。

5.肥厚(*2)した角質を除去するために、クレイパックでお掃除しましょう

※2)肌の厚みを増した状態をさす

余計な物を肌に付けない。

毛穴に詰まっている汚れを取ってあげる。

そうすることで、肌は本来の軽やかさを取り戻します。

ポケットに詰め込みすぎたキャンディーを取り出すように、毛穴から汚れを取っていきましょう。

 

肌は、日々のスキンケアで作られていきます。

正しいことをすれば、老化は最低限に抑えられますが、間違ったスキンケアを続ければ、必要以上に顔が老けていきます。

肌を育てるのは、あなた自身です。

あなたの未来の肌が、今よりもっと美しくありますように。

無料メルマガご登録はこちら

-ブログ, 肌の悩み

© 2022 京都北野美人研究所