スキンケアの考え ブログ

化粧品、エステ、それは本当に必要でしょうか?

どうして、こんなにも多くの化粧品があるのでしょうか?

本当に肌に必要なものは、

・洗顔

・角質を除去するパック

・化粧水

・美容液(水分保持のため)

・下地

・ファンデーション(クレンジングを必要としないもの)

これだけで、十分なのです。

ここに、クレンジング、保湿クリーム、目元の美容液、化粧水をなじませるための美容液は、必要ありません。

もう50代だから、60代だから…。

歳を重ねると、水分もアブラもなくなる?!

これは、間違いです!

この概念こそ早く取っ払わないと、あなたはいつまでも化粧品とエステに翻弄され続けますよ。

何が足りていないのかを見極める

確かに、水分は減少していきます。

新生児で約75%、成人で約65%ほど、老人で約55%と、年齢を重ねる程に体の水分量は減少します。

同時に、肌の水分量も減少します。

だから、保湿が必要なのですね。

ですが、油分はあります。

減少するどころかいつまでも…古くなってもアブラは、蓄積されているのです。

サラサラとしたアブラは肌にツヤを与え、やわらかさ、弾力を作りますが、古いアブラはドロドロと固まり、洗顔しても取れなくなり、いずれ肌に残っていきます。

サラサラとしてない、固形化したアブラに変身しているから、わからないだけなのです。

そこを見落としてはいけません。

なぜなら、これが劣化していくと様々な症状が見られるからです。

毛穴が詰まる⇒ 毛穴の広がり、角栓のつまり、黒ずみ、硬さ、赤み、痒み、脂浮き、たるみ

水分を受け付けなくなる⇒ 乾燥、シワ、くすみ、ヒリヒリ、痒み、赤み

角質を固めターンオーバーできなくなる⇒ シミ、くすみ、たるみ

肌には、アブラが十分あります。

そのことを踏まえて、スキンケアしていきましょう。


それは、本当に必要?

スキンケアに求められるのは、本来あるべき姿に戻すことです。

肌は、キレイになろうとする力をもっています。

そのチカラをとり戻していくことこそが、真のスキンケアです。

やることは、とってもシンプルです。

足りないものを、足す。

余分なものを、取る。

足りないものは、水分です。油分ではありません。

一方で、余分なものはアブラと古い角質です。

肌は排泄器官であることを、忘れてはいけません。

美容業界では、モノを売らなければ成り立ちません。

スキンケアがシンプルであればあるほど、モノは売れませんからね。笑

エステも、同様。

あれもこれも、さも必要かのように思わされてるだけなのです。

それはかえって、肌が複雑化し改善しづらい肌になります。

そんなにいろんなものを付けなくても、あなたの肌はキレイになれますよ。

付ける程に、老けていくという事実に気づいてくださいね。

あなたの肌を守るのは、あなた自身ですから。

無料メルマガご登録はこちら

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所