スキンケアの考え ブログ

化粧品、エステ、それは本当に必要でしょうか?

どうして、こんなにも多くの化粧品があるのでしょうか?

本当に肌に必要なものは、

・洗顔

・角質を除去するパック

・化粧水

・美容液(水分保持のため)

・下地

・ファンデーション(クレンジングを必要としないもの)

これだけで、十分なのです。

ここに、クレンジング、保湿クリーム、目元の美容液、化粧水をなじませるための美容液は、必要ありません。

もう50代だから、60代だから…。

歳を重ねると、水分もアブラもなくなる?!

これは、間違いです!

この概念こそ早く取っ払わないと、あなたはいつまでも化粧品とエステに翻弄され続けますよ。

何が足りていないのかを見極める

確かに、水分は減少していきます。

新生児で約75%、成人で約65%ほど、老人で約55%と、年齢を重ねる程に体の水分量は減少します。

同時に、肌の水分量も減少します。

だから、保湿が必要なのですね。

ですが、油分はあります。

減少するどころかいつまでも…古くなってもアブラは、蓄積されているのです。

サラサラとしたアブラは肌にツヤを与え、やわらかさ、弾力を作りますが、古いアブラはドロドロと固まり、洗顔しても取れなくなり、いずれ肌に残っていきます。

サラサラとしてない、固形化したアブラに変身しているから、わからないだけなのです。

そこを見落としてはいけません。

なぜなら、これが劣化していくと様々な症状が見られるからです。

毛穴が詰まる⇒ 毛穴の広がり、角栓のつまり、黒ずみ、硬さ、赤み、痒み、脂浮き、たるみ

水分を受け付けなくなる⇒ 乾燥、シワ、くすみ、ヒリヒリ、痒み、赤み

角質を固めターンオーバーできなくなる⇒ シミ、くすみ、たるみ

肌には、アブラが十分あります。

そのことを踏まえて、スキンケアしていきましょう。


それは、本当に必要?

スキンケアに求められるのは、本来あるべき姿に戻すことです。

肌は、キレイになろうとする力をもっています。

そのチカラをとり戻していくことこそが、真のスキンケアです。

やることは、とってもシンプルです。

足りないものを、足す。

余分なものを、取る。

足りないものは、水分です。油分ではありません。

一方で、余分なものはアブラと古い角質です。

肌は排泄器官であることを、忘れてはいけません。

美容業界では、モノを売らなければ成り立ちません。

スキンケアがシンプルであればあるほど、モノは売れませんからね。笑

エステも、同様。

あれもこれも、さも必要かのように思わされてるだけなのです。

それはかえって、肌が複雑化し改善しづらい肌になります。

そんなにいろんなものを付けなくても、あなたの肌はキレイになれますよ。

付ける程に、老けていくという事実に気づいてくださいね。

あなたの肌を守るのは、あなた自身ですから。

no image

お知らせ

2021/2/9

3月ご新規様枠、満了となりました

ご新規様の初級対面コース、初級オンラインコースは、共に3月まで満了となりました。 ありがとうございます。 現在、4月以降のご予約を賜っております。 ユーザー様のメンテナンスや中級コースは、まだ少し空きがございます。 お早めにご予定ご検討くださいませ。

ReadMore

no image

お知らせ

2021/2/5

3月のご新規様枠は、残1枠となりました

現在のご新規様枠は、2月は満了。 3月は、残1枠となりました。 4月以降のご予約も賜っております。 既存ユーザー様のメンテナンス(上級コース)や中級コースの枠は、確保しております。 2月枠は、残りわずかです。 大変多くのお申込みを賜り、ありがとうございます。 京都北野美人研究所  北野和恵

ReadMore

スキンケアの考え ブログ

2021/2/5

化粧が崩れるのか、顔が崩れるのか…どちらを選びますか?

顔は年齢とともに、変形し崩れていきます。 額・・・横じわ、段ができる 目・・・瞼が腫れぼったくなる、目じりが下がってくる、クマができる 口元・・・口角がさがる、ほうれい線が深くなる 頬・・・頬が硬くきれいな丸みが出なくなる フェイスライン・・・下に垂れ下がる このように顔の形が崩れ、顔つきが変わってくるのです。 この原因こそ、間違ったスキンケアにあります。 お顔には、無数の毛穴があります。 その中にある、あぶらと角質、さらには女性が毎日つける化粧品。 それらがうまく排泄ができないと、肌に蓄積されていきます ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2021/2/1

化粧水のつけ方次第で、保湿力が上がります

化粧水のつけ方には、コツがあります。 今回は化粧水を肌に届けるための4つのポイントをお伝えしましょう。 ◆量 ◆回数 ◆タイミング ◆化粧水の選び方 ◆化粧水の量 化粧水をつける目的は、肌に水分を与えるためですよね。 肌老化の一つは、水分が減少していくことです。 年齢を重ねていくほど、肌にたくさんの水分を与えていかなけばいけません。 しかし、肌は一気に水を吸収しません。 ゆっくりと浸透していくのです。 例えば、鉢植えのお花に水やりをするとしましょう。 バケツ一杯の水を、ドバッと一気にかけるでしょうか? 答 ...

ReadMore

no image

お知らせ

2021/1/31

2月ご新規様枠は満了となりました

大変多くの方にお申し込みを頂戴し、感謝申し上げます。 2月のご新規様枠は定員に達し、満了とさせていただきました。 現在、3月以降で承っております。 既存ユーザー様の枠は、まだ少し空きがございます。 肌を本来の状態に戻すには、変化に応じた対処(スキンケア)が必要となります。 そのため当サロンでは、対面やオンラインでのセッション後のアフターフォローを徹底しております。 未来に繋がる肌作りのサポートに尽力してまいります。 京都北野美人研究所  

ReadMore

-スキンケアの考え, ブログ

© 2021 京都北野美人研究所