ブログ 肌の悩み

乾燥肌ではないのかもしれません

肌がかさかさする…。

乾燥して痒くなる…。

これって、乾燥肌だよね。

そう決めつける前に、どの部分に乾燥を感じるのかを見てみましょう。

もしかしたら、あなたの肌は乾燥肌ではないかもしれません。

どこが乾燥していますか?

◆口周り

口周りの角質が、けば立ったように、又は白い粉を吹いたようにカサカサしていませんか?

これは古い角質が、原因です。

もちろん、たっぷりの保湿(アブラではなく水です)をすることは、必須です。

その前に、古い角質を除去していきましょう。

お勧めは、クレイパックです。

肌に密着させ、数分経ったらすすいでいきます。

ピーリングタイプのパックは、避けましょう。

新しい角質までもはがしてしまう上、肌への刺激や負担が大きく、肌トラブルに繋がります。

洗い流すタイプのパックで、古くなった角質だけを優しく取っていきましょうね。

古い角質にはいくら水分を与えても、なじみが悪く、すぐに蒸発してしまいます。

新鮮な細胞に、水分を与えることが大事ですよ。

古い角質が乾燥肌を作ります。

角質の除去をしてから保湿をすると、改善されるかもしれません。

 

◆目の周り

口元の様に、角質がけば立つといった症状は、あまり見られませんが、小じわが目立ったり、ツッパリ感などを感じやすい部位ですね。

目元は角質層がとても薄く、水分をストックしづらいため、乾燥を起こしやすいのです。

ですがここでアイクリームなどに頼ってしまうと、かえって乾燥を悪化させることになります。

油分によって水をはじくため、保湿できない肌になっていくからです。

油分に頼ることは、一時のごまかした処置です!

しっとりした、などの瞬間的な感触だけで判断せずに、根本的な改善をしていきましょう。

目元は、とても汚れやすい環境にあります。

アイシャドーマスカラ、アイライナーなどメイク製品を多く付ける場所ですよね。

さらには、まつ毛が生えている毛穴から分泌されている油分もあります。

様々な汚れが、角質の上や毛穴の中に付着しているのが目の周りなのです。

目元はTゾーンのように、脂浮きしずらい場所です。

これが何を意味するかと言いますと、一旦肌に落ち込んだ汚れは、浮きづらいのです。

目の周りは、汚れ(化粧品)が溜まりやすく、取れにくい部位であると言えます。

くすみ、クマ、シワ、たるみなど、老化現象が躊躇に現れるのも、そのことが関係しているのです。

そのため朝晩の洗顔では、より丁寧に洗う必要があります。

角質層が薄くデリケートな部分ですので、時間、温度、濃度には気を付けましょう。

・予洗いは、ぬるま湯で丁寧にたっぷりと60秒以上行います。

・泡は、毛穴に対して平行にあてましょう。

指先を使い、まぶたのカーブに沿って優しくあてていきましょう。

下まぶたは窪んでいる分、汚れが蓄積されやすいです。

下まつ毛が生えている毛穴に対し、優しく指先をあてていきましょう。

擦るなど、指を横向きに動かさないことを意識してください

乾燥肌だと思っていても、実は間違ったケアが肌トラブルを招いている場合があります。

正しいスキンケアをすると、肌のチカラは戻ってきます。

本当のあなたの肌は、乾燥肌ではないのかもしれませんよ。

no image

お知らせ

2021/2/9

3月ご新規様枠、満了となりました

ご新規様の初級対面コース、初級オンラインコースは、共に3月まで満了となりました。 ありがとうございます。 現在、4月以降のご予約を賜っております。 ユーザー様のメンテナンスや中級コースは、まだ少し空きがございます。 お早めにご予定ご検討くださいませ。

ReadMore

no image

お知らせ

2021/2/5

3月のご新規様枠は、残1枠となりました

現在のご新規様枠は、2月は満了。 3月は、残1枠となりました。 4月以降のご予約も賜っております。 既存ユーザー様のメンテナンス(上級コース)や中級コースの枠は、確保しております。 2月枠は、残りわずかです。 大変多くのお申込みを賜り、ありがとうございます。 京都北野美人研究所  北野和恵

ReadMore

スキンケアの考え ブログ

2021/2/5

化粧が崩れるのか、顔が崩れるのか…どちらを選びますか?

顔は年齢とともに、変形し崩れていきます。 額・・・横じわ、段ができる 目・・・瞼が腫れぼったくなる、目じりが下がってくる、クマができる 口元・・・口角がさがる、ほうれい線が深くなる 頬・・・頬が硬くきれいな丸みが出なくなる フェイスライン・・・下に垂れ下がる このように顔の形が崩れ、顔つきが変わってくるのです。 この原因こそ、間違ったスキンケアにあります。 お顔には、無数の毛穴があります。 その中にある、あぶらと角質、さらには女性が毎日つける化粧品。 それらがうまく排泄ができないと、肌に蓄積されていきます ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2021/2/1

化粧水のつけ方次第で、保湿力が上がります

化粧水のつけ方には、コツがあります。 今回は化粧水を肌に届けるための4つのポイントをお伝えしましょう。 ◆量 ◆回数 ◆タイミング ◆化粧水の選び方 ◆化粧水の量 化粧水をつける目的は、肌に水分を与えるためですよね。 肌老化の一つは、水分が減少していくことです。 年齢を重ねていくほど、肌にたくさんの水分を与えていかなけばいけません。 しかし、肌は一気に水を吸収しません。 ゆっくりと浸透していくのです。 例えば、鉢植えのお花に水やりをするとしましょう。 バケツ一杯の水を、ドバッと一気にかけるでしょうか? 答 ...

ReadMore

no image

お知らせ

2021/1/31

2月ご新規様枠は満了となりました

大変多くの方にお申し込みを頂戴し、感謝申し上げます。 2月のご新規様枠は定員に達し、満了とさせていただきました。 現在、3月以降で承っております。 既存ユーザー様の枠は、まだ少し空きがございます。 肌を本来の状態に戻すには、変化に応じた対処(スキンケア)が必要となります。 そのため当サロンでは、対面やオンラインでのセッション後のアフターフォローを徹底しております。 未来に繋がる肌作りのサポートに尽力してまいります。 京都北野美人研究所  

ReadMore

-ブログ, 肌の悩み

© 2021 京都北野美人研究所