スキンケアの考え ブログ

化粧水をつける回数とタイミング

肌老化は、水分量が減少することで起こります。

当然、化粧水での保湿は必須です。

しかしこの化粧水、単につけたらいいというものではありません。

正しい化粧水の付け方と回数、タイミングがあるのです。

順にご説明していきましょう。

化粧水の付け方

肌に水分を与えたい!とついつい手のひらでググッと押さえつけていませんか?

押さえつけたからといって、浸透はしません。

かえって肌が硬くなってしまいます。

手のひらで優しく、お顔を包むようにつけましょう。

水分をストックする場所を角質層と言いますが、水分が入るともっちりとしてくるはずです。

化粧水の回数

最低でも、5回以上付けましょう。

老化していく肌をサポートするのには、十分な水分が必要です。

化粧水を1、2回つけて、あとはクリームなどの油分をつけるというのは、保湿とは言えません。

しっとりしている…と、誤魔化しているだけなのです。

肌に必要なのは、油分ではなく水分です。

十分に水分を与えるには、5回以上の化粧水が必要です。

化粧水のタイミング

水分をストックしてくれる角質層は、一気に水を吸い込むことはできません。

少しずつ、浸透していきます。

例えるなら、鉢植えのお花に水を与えるイメージです。

一気に大量の水を与えたら、鉢から水は溢れてきますね。

これでは、水分が土の中まで行き渡りません。

少量ずつ、ジョウロなどで水を与えると、どうでしょうか?

鉢の下までジワーッと浸透していきます。

お肌も同じイメージをしてくださいね。

少量を手に取り、一度肌に馴染んだら、また次をつける。

また馴染んだら、次をつける。

こうしてゆっくりとつけてあげると、肌奥まで浸透してくれます。

回数(5回以上)多くつけていきましょう。

水分が十分に行き渡ったお肌こそが、理想のお肌です。

油分などに頼らず、ごまかさず、保湿していきましょう。

スキンケアのコツ ブログ

2022/7/4

毛穴の汚れをかき出す口周りの洗い方

口周りの肌トラブルは、とても多くみられます。 吹出物、かさつき、あぶら浮き、乾燥、くすみ、色素沈着、かゆみ、赤みなどなど。 その原因は、汚れであることがほとんどです。 なぜ口周りなのでしょうか? 口周りに溜まる汚れは、実は鼻も関係しています。 小鼻は、皮脂がたくさん分泌される場所です。 皮溝(キメと言われる溝のこと)を通り下へと降りてきたら…口周りへ溜まります。 口周りにトラブルがある方は、小鼻も併せてチェックしてみる必要があります。 小鼻に毛穴の広がり、吹出物、赤み、小鼻ががっちり固いなどの症状はないで ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/26

朝の洗顔、起床後なるべく早く!がベスト

女性の朝は、とっても忙しいですよね。 家事や育児に追われて、自分のことはついつい後回しになってしまいます。 しかしなるべくなら、朝の洗顔だけは先に済ませていただきたいのです。 肌の汚れが浮きあがっているタイミングだからです。 就寝中、私たちのお肌は緊張が解れ、緩んでいる状態です。 毛穴から皮脂が浮き上がり、毛穴も広がっている状態なのです。 そのため起床直後は、汚れを取るには最も適している瞬間だと言えます。 洗顔が後回しになってしまうと、せっかく浮き上がっていた皮脂もまた沈んでしまいます。 予洗いをたっぷり ...

ReadMore

ブログ 肌の悩み

2022/6/25

私、敏感肌かも!と思うのはいつですか?

私の肌、敏感で…と思ってませんか? 赤み、痒みなどがあると、それは敏感だと思いがちですがそうとも限りません。 それどころかその赤みや痒みは、実は御自身のスキンケアでその状態を作ってしまった…なんてことも多くあるのです。 思い込み敏感肌になっていないでしょうか?   私、敏感肌かも!と感じるのはいつ? 敏感だと感じる状態は、 ・赤み ・痒み ・ヒリヒリ などが主でしょう。 いつ、どんな時に感じるのかを観察してみましょう。 洗顔後でしょうか? 洗顔中?それとも化粧水をつけているとき?日中?夜中? ど ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/24

泡の質が変わると、肌のくすみが取れてきます

洗顔をするときに必ず必要になってくるのが、泡です。 洗顔の泡にこだわってみてください。 洗顔の質が上がり、肌にも違いが出てきますよ。 泡の役割とは なぜ泡が必要なのでしょうか? 汚れを包むことは勿論なのですが、その他にも意味があります。 手の圧をやわらげることができるのです。 そのためには、泡の量が必要です。 泡のクッションで洗うと、手の摩擦をやわらげることができるのですね。 そしてたくさんの泡には、多くの汚れを含ませることができます。 泡の量が少ないと肌汚れを取ることが不十分になり、汚れの取り残しが起こ ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/23

スチームの新しい使い方

家庭でも簡単に取り入れられる美容器具の一つ、スチーマーの活用法についてお伝えしましょう。 蒸気をあてるタイミングが大事 スチームをあてる目的としては、第一に保湿ですね。 では蒸気をあてるタイミングはどうでしょうか? 洗顔後が一般的かと思いますが、もっとお勧めのタイミングがあります。 それは洗顔の前です。 蒸気をあてていると、水滴がお顔にたくさんついてきますね。 肌が潤うと、毛穴が広がってきます。 この広がるという状態を、洗顔に活かすのです。 毛穴が広がると、毛穴の中に詰まっていた皮脂や角質のお掃除がしやす ...

ReadMore

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所