ビフォーアフター ブログ

赤みの原因は、毛穴の汚れなのです

肌にある赤み、その原因はさまざまです。

かぶれ、肌荒れ、肌質もあるのですが、肌の汚れが原因で赤みが出ていることがあります。

その見分け方のひとつとして、部位があります。

どこに出ているのか、その場所に他の症状がみられるのかをチェックしてみましょう。

初級対面コースをご受講くださったN様も、頬に赤みがみられました。

そのほか、額とこめかみ、鼻、あごにも赤みがありました。

実はこの場所に、毛穴の広がりも見られたのです。

肌かぶれから起こる赤みは、皮膚の薄い部分であるまぶたや頬の高い位置に出やすいのですが、N様のように、肌が分厚くなっていたり、毛穴が広がっている場所に赤みがみられる場合は、汚れが原因である可能性が高いです。

その汚れはとは、いったい何者でしょうか?!

毛穴には、あぶらと角質、そして化粧品も潜んでいます。

これこそが、赤みの原因なのです。

皮膚は排泄器官です。

排泄がスムーズでしたら、毛穴が詰まることがないのですが、何かが影響して排泄がうまくいかないことがあります。

その影響となるものが、

・油分の強い化粧品

・間違ったスキンケア方法と手順

・シャンプー剤の影響

・水分不足

です。

年齢を重ねますと、肌の代謝力が低下します。

つまり、排泄器官である皮膚も、排泄が滞るということです。

そのうえ、女性は化粧品をのせます。

カバー力の強いファンデーション、油分の強い化粧品、クリーム、ジェル、オイル、UV製品・・・

どれだけ代謝を低下させているのか、はかり知れません。

また角質に水分が十分にいきわたっていないと、まるでクリームをつけたかのように皮脂の濃度が濃くなります。

これも同じく、毛穴を詰まらせる要因となるのです。

N様のお肌も、あぶらの劣化がみられ、肌も硬くなっておられました。

北野式洗顔術で、そのあぶらをほぐしつつ洗顔で落としていきます。

すると・・・!

この違いです。

赤みがあった頬、額、フェイスライン、鼻、あごの赤みがぐっと減りました。

肌は、ふわふわと柔らかさを取り戻しました。

そして、小鼻からは角栓(皮脂と角質が混ざった白い突起物)がニョキニョキと出てきたのです!

これまで詰まっていた汚れが、出てこようとしているのですね。

N様の肌改善は始まったばかりです。

代謝力を取り戻した肌は、これまでの汚れをどんどん排泄します。

肌は、透明感と柔らかさを取り戻すでしょう。

油分に頼らなくても、十分にもっちりする肌に変わっていくでしょう。

N様の今後の変化が、楽しみです。

◆初級対面コースはこちら

no image

お知らせ

2021/2/9

3月ご新規様枠、満了となりました

ご新規様の初級対面コース、初級オンラインコースは、共に3月まで満了となりました。 ありがとうございます。 現在、4月以降のご予約を賜っております。 ユーザー様のメンテナンスや中級コースは、まだ少し空きがございます。 お早めにご予定ご検討くださいませ。

ReadMore

no image

お知らせ

2021/2/5

3月のご新規様枠は、残1枠となりました

現在のご新規様枠は、2月は満了。 3月は、残1枠となりました。 4月以降のご予約も賜っております。 既存ユーザー様のメンテナンス(上級コース)や中級コースの枠は、確保しております。 2月枠は、残りわずかです。 大変多くのお申込みを賜り、ありがとうございます。 京都北野美人研究所  北野和恵

ReadMore

スキンケアの考え ブログ

2021/2/5

化粧が崩れるのか、顔が崩れるのか…どちらを選びますか?

顔は年齢とともに、変形し崩れていきます。 額・・・横じわ、段ができる 目・・・瞼が腫れぼったくなる、目じりが下がってくる、クマができる 口元・・・口角がさがる、ほうれい線が深くなる 頬・・・頬が硬くきれいな丸みが出なくなる フェイスライン・・・下に垂れ下がる このように顔の形が崩れ、顔つきが変わってくるのです。 この原因こそ、間違ったスキンケアにあります。 お顔には、無数の毛穴があります。 その中にある、あぶらと角質、さらには女性が毎日つける化粧品。 それらがうまく排泄ができないと、肌に蓄積されていきます ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2021/2/1

化粧水のつけ方次第で、保湿力が上がります

化粧水のつけ方には、コツがあります。 今回は化粧水を肌に届けるための4つのポイントをお伝えしましょう。 ◆量 ◆回数 ◆タイミング ◆化粧水の選び方 ◆化粧水の量 化粧水をつける目的は、肌に水分を与えるためですよね。 肌老化の一つは、水分が減少していくことです。 年齢を重ねていくほど、肌にたくさんの水分を与えていかなけばいけません。 しかし、肌は一気に水を吸収しません。 ゆっくりと浸透していくのです。 例えば、鉢植えのお花に水やりをするとしましょう。 バケツ一杯の水を、ドバッと一気にかけるでしょうか? 答 ...

ReadMore

no image

お知らせ

2021/1/31

2月ご新規様枠は満了となりました

大変多くの方にお申し込みを頂戴し、感謝申し上げます。 2月のご新規様枠は定員に達し、満了とさせていただきました。 現在、3月以降で承っております。 既存ユーザー様の枠は、まだ少し空きがございます。 肌を本来の状態に戻すには、変化に応じた対処(スキンケア)が必要となります。 そのため当サロンでは、対面やオンラインでのセッション後のアフターフォローを徹底しております。 未来に繋がる肌作りのサポートに尽力してまいります。 京都北野美人研究所  

ReadMore

-ビフォーアフター, ブログ

© 2021 京都北野美人研究所