スキンケアの考え ブログ

目元の乾燥にオイルで蓋をするのは間違いです

目の周りの乾燥を感じた時に、オイルをつけています。
日中でも、少しオイルをつけてあげると肌が楽になる感じがします。
お化粧の上から付けないほうがいいですか?

目の周りは、角層が薄い場所です。

つまり化粧水や美容液で保湿をしても、蒸発しやすいエリアなのですね。

そのため保湿が不十分ですと、乾燥を生じます。

ここで大事なことは、本当に必要なものは何か?ということです。

答えは、水分です。

オイル(アブラ)でないのですね。

オイルをつけると、途端に肌がしっとり潤った気がします。

肌表面に膜をしたからですね。

しかし、この膜に惑わされてはいけません。

これは保湿したわけではなく、ごまかしただけなのです。

アブラを肌につけるということは、水を弾く肌になるということ。

水分を受け付けない肌になる…つまり保湿できない肌になるということです。

乾燥肌の改善のつもりで付けたその一滴が、さらに乾燥肌を悪化させることになるのです。

乾燥の原因は、

・化粧水が足りていない
・古い角質が溜まっている
・アブラが酸化してしまっている


この3点が考えられます。

改善点は、

・化粧水は、最低でも5回以上重ね付けしましょう
・角質を除去するパックで、定期的に古くなった角質をお掃除
・酸化した皮脂を、肌に負担をかけずに除去する

ごまかしだけのケアは、のちに肌老化を加速させます。

正しいケアで乾燥知らずのお肌を育てていきましょう。

無料メルマガご登録はこちら

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所