スキンケアの考え ブログ

保湿をしたら、蓋?これこそ肌老化の原因です

「保湿をしたら、蓋をしましょう!」

この考え方は、大きな間違いです。

なぜ、蓋が必要なのでしょうか?

・保湿をした水分が蒸発しないように

・角質が薄い目元などは、蓋が必要

・年齢とともに、肌を保護してあげないといけない

そんな考えがあるのかもしれません。

しかしこれこそが、肌老化を加速させる原因なのです。

蓋をすれば、お肌の力を低下させます。

最も懸念されるのは、水分を受け付けない肌になっていくこと。

年齢とともに、体の水分量が減っていきます。

一番外側にある皮膚にも水分が十分に来なくなります。

乾燥、くすみ、ざらつき、ハリがなくなる、艶がなくなる・・・といった症状がみられます。

そのため、スキンケアで水分を与えてあげる必要があるのです。

ですが毎日、油分による蓋をしたらどうなるでしょうか?

油膜はカンタンには取れません。

肌は、吸収するようになっています。

つまり、洗顔しても取れるわけではないのです。

浸透してしまっているのですね。

これが蓄積されたとき、肌代謝も低下してきます。

油膜(蓋)は、まるで保湿できたかのように見せかけているだけのものです。

保湿しているのではありません。

そういった意味では、リスクの高いスキンケアと断言できます。

肌にとって、本当に必要なものは何か?

少し、目線を変えてみると気づくことがありますよ。

無料メルマガご登録はこちら

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所