スキンケアの考え ブログ

春に調子が上がる人と下がる人の違い

あたたかくなり、汚れが落ちやすくなりました。
化粧水の入り方が違います!

そうご報告くださったのは、当サロンのユーザーでおられますK様♡

定期的に、オンラインメンテナンスをご受講いただいています。

*オンラインメンテナンスについてはこちら

オンラインメニューでは、酸化した皮脂を取り除いていくセッションをしております。(初級コースは除く)

これは、当サロンでしかできない技術です。

オンライン上で、あぶらの質を見極め、そのあぶらを取り除くための洗顔指導なのです。

この技術でセッションをしているサロンは、日本中…いえ世界中ないでしょう。

*オンライン初級コース

肌にある皮脂腺という袋からは、あぶらが放出されます。

これは天然の肌クリームとなり、私たちの肌と体を守ってくれています。

しかしアブラは、酸化すると変異します。

どろどろっと粘りのあるアブラになるのです。

これが角質を固めてしまい、新陳代謝の邪魔となります。

アブラは、

・酸化させない
・つけない
・ためない

この3つが大切です。

K様のように、春になって汚れが落ちやすくなるのは、新陳代謝がスムーズにいっている証拠です。

古い角質を洗顔で落とせたら、新鮮な角質が肌表面に出てきます。

ここに化粧水をつけてあげると、吸収がよく、肌の張り、透明感が出ますよ。

これが理想のスキンケアですね。

一方で、「春になるとトラブルが続いてしまう」・・・と感じるのは、新陳代謝が滞っているからなのです。

春は、お肌が活発に動き始めます。

古くなった角質を剝がそう!と動いてくれているのですね。

その動きを妨げていませんか?

春こそ、正しいお肌のお手入れをしましょう。

無料メルマガご登録はこちら

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所