スキンケアの考え ブログ

肌老化の原因は代謝の低下や水分量だけではありません

年齢を重ねるほどに、いろんなものが失っていく…

そんな風に思われていませんか?

確かに代謝力が衰え、水分量は減少します。

しかし、もっと大事なことがあるのです。

それは、あぶらの掃除です。

肌改善も肌老化の予防も、あぶらの掃除ができていないとうまくいきません。

なぜか…?

実は、あぶらが肌のチカラを邪魔しているのです。

あぶらの性質

『あぶらは、空気に触れると酸化する』ということはご存じかと思います。

お料理に使われるあぶらも同じですね。

酸化が進むと、色、質、臭いが変わります。

透明だったはずのあぶらは、黄色や黒ずみと変化します。

アブラの分泌が多い小鼻の毛穴が黒ずみやすいのは、これが原因です。

さらに無臭だったものが、悪臭へと変わります。

加齢臭や、頭皮の臭いなどがそうですね。

それだけではありません。

さらさらと液体だったものが、どろりと固形化します。

肌がだんだん硬くなるのは、この固形化が進行しているのです。

特に、固形化は肌老化や肌トラブルの大きな要因となります。

剥がれていこうとする古い角質を固めてしまうのです。

さらに保湿をしたくてもこのあぶらの膜が邪魔になり、水分を弾いてしまいます。

実はこの状態で一番馴染むのが、あぶらです。

あぶらにはあぶらが一番馴染みがいいのですね。

ちょっととろみのある化粧水をつけると、しっとりしたように思うでしょう。

クレンジングオイルで洗顔すれば、スッキリ感が出ますね。

ですが、これは油分をさらに足す行為になってしまいます。

最初にお伝えした通り、あぶらは酸化します。

固まっていくあぶらの上から、さらにあぶらを足すとどうなるでしょうか?

油分が糊代わりとなり、角質はお肌にどんどん溜まっていきます。

益々水分を受け付けない肌になり、枯渇します。

油分を足すという行為そのものが、代謝力や水分量の低下の誘因となるのです。

ですから足すのではなく、あぶらを掃除することが最も大事です。

あぶらをすべて取り除くわけではありません。

あぶらは常に分泌されています。

酸化させないために、古いものを取っていきましょうということです。

1・あぶらを酸化させない

2.あぶらを足さない

この2つが美容にとって必須条件です。

貴方のスキンケアは、あぶらの処理ができていますか?

美容の常識にとらわれず、真のスキンケアで肌を育てていきましょう。

スキンケアの考え ブログ

2022/5/19

まぶた周りは汚れの宝庫

まぶたには、たるみ、くすみ、目の下のクマ、まぶたの小じわ、目頭のシワ、などなど。 目の周りには、老化現象が沢山現れます。 なぜなのでしょうか? 実は、目の周りは汚れの宝庫! これが老化を加速させていたのです。 まぶた周りに集まる汚れとは メイク製品をたくさん使うのは、ダントツ目周りですね。 ファンデーション、アイシャドー、アイライン、マスカラ、アイブロウなど、多くの化粧品を付ける部位です。 さらには、アイクリームや美容液などをお使いになる方もいらっしゃるでしょう。 まぶた周りの汚れは、これだけではありませ ...

ReadMore

ブログ 頭皮ケア

2022/5/17

額のシワは頭皮からケアしましょう

額にできる横ジワ。 その原因は、様々あるようです。 例えば筋肉の衰えや、背筋や足裏の硬さも原因ともいわれています。 加えて、頭皮にも原因があります。 肌改善専門家としての見解をお伝えしようと思います。 頭皮と顔は繋がっている 頭と顔は皮膚一枚で繋がっている…とは言いますが、まさにその通り。 繋がっていることで、実際にどういった影響があるのでしょうか? 頭皮は体の中でも最も皮脂が多く分泌されています。 つまり頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすいのです。 さらにシリコンが入っているヘアケア製品や毛染め成分など、頭部 ...

ReadMore

お知らせ

2022/5/13

【セミナーLive】美容業界が言えない肌老化の真実

□色々試したけど結果に繋がらない □ずっと肌に悩みがある □もう歳だから…と諦めムード □鏡を見るのも嫌になっている そんなあなたに今回のセミナーLiveが、お役にたてるかもしれません。 今の世の中には美容法やエステ、化粧品、美容器具などが溢れるほど存在します。 しかし、肌に悩む人は増える一方です。 なぜなのでしょうか? もしかすると私達は、美容業界の常識にとらわれているのかもしれません。 美容に興味なし! エステ経験ゼロ! そんな私がのべ3,500人以上を肌改善に導いているのには、ある法則があります。 ...

ReadMore

スキンケアの考え ブログ

2022/5/13

肌断食は肌トラブルを招きます

断食が、スキンケアにも取り入れられるようになるとは思ってもみませんでした。笑 最近耳にすることが増えてきた『肌断食』は、お勧めできません。 「肌断食で綺麗になったのよね」という方もいらっしゃると思いますが、「しばらく続けると、また吹き出物、赤み、かゆみ、くすみが出てきたんです」と仰る方も少なくありません。 その原因についてお伝えしましょう。 断食が受け入れられる背景 そもそもなぜ、断食が取り入れられるようになったのでしょうか? 現代社会には、溢れるほどのモノが存在します。 体に良くないモノもたくさんありま ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/5/12

あぶらとり紙は使わず、パフで化粧直しをしましょう

日中のあぶら浮きやTゾーンのテカリ、そのままにしていませんか? このアブラを放置していると、お顔がどんどんくすんできます。 そうならないためには、こまめな化粧直しが大切です。 日中のあぶら浮き 「夕方になると、顔がテカってきます…」 とよくご相談をいただきます。 なぜ夕方なのでしょうか?   それには水分量が関係しています。 朝のスキンケアで充分な保湿ができたとしても、冷房や暖房、外気による水分蒸発があると、肌は枯渇します。 水分と油分が肌の保護膜として存在しているのですが、水分が減少することで ...

ReadMore

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所