スキンケアのコツ ブログ

肌が潤う正しい化粧水のつけ方

化粧水のつけ方にこだわると、保湿力がアップします。

今回は、正しい化粧水の量や付け方などをお伝えしましょう。

化粧水の量は多いほどいい?

たっぷりの水分を肌に与えるには、多すぎる水分は適していません。

どういうことかと言いますと、一度に手に取る化粧水の量が多すぎてはいけないということです。

肌は一気に水分を吸収することはできません。

少量ずつ吸い込んでいくのです。

鉢に入ったお花の水やりで例えてみましょう。

土も同じく、一気に水を受け付けることはできません。

少量ずつを吸い込んでいくのですよね。

それを知っている私たちは、少しずつの量で水やりをするはずです。

お肌にも同じように、少量ずつを与えてあげましょう。

急いでたくさんの量をつけたり、まだ馴染んでいないのにまた重ねてつけていくと水分は溢れかえってしまいます。

さらには、肌を守っている天然クリームまで洗い流すようなことにもなるのです。

これでは本末転倒ですね。

押さえたら肌の奥に入っていくの?

ぐっと圧をかけ、押さえるように化粧水をつける方がおられます。

肌により浸透させたい!という気持ちがそうさせるのでしょう。笑

しかし、圧をかけると肌はかたくなってしまいます。

かたくなった肌は、柔軟性が欠け、代謝力が低下してしまうのです。

つける時、ご自身の肌が豆腐だと思ってください。

豆腐を潰さないような付け方が、最適です。

コットンを使用した方がいい?

コットンに化粧水を浸してから、お肌につける方法はお勧めしません。

何よりコットンが水分を吸ってしまい、肌につける量が少なくなってしまいます。

さらにコットンの繊維などが肌に付着し、肌荒れの原因にもなるのです。

手のひらに化粧水を取るようにしましょう。

まとめ

・少量ずつ手に取って、なじんでから重ね付けをする

・肌を豆腐のようなイメージで優しく馴染ませる

・コットンは使用せず、手の平でつける

いかがでしたでしょうか?

化粧水の付け方一つで、保湿量と仕上がりが変わります。

正しく保湿をしてあげましょう。

スキンケアのコツ ブログ

2022/7/4

毛穴の汚れをかき出す口周りの洗い方

口周りの肌トラブルは、とても多くみられます。 吹出物、かさつき、あぶら浮き、乾燥、くすみ、色素沈着、かゆみ、赤みなどなど。 その原因は、汚れであることがほとんどです。 なぜ口周りなのでしょうか? 口周りに溜まる汚れは、実は鼻も関係しています。 小鼻は、皮脂がたくさん分泌される場所です。 皮溝(キメと言われる溝のこと)を通り下へと降りてきたら…口周りへ溜まります。 口周りにトラブルがある方は、小鼻も併せてチェックしてみる必要があります。 小鼻に毛穴の広がり、吹出物、赤み、小鼻ががっちり固いなどの症状はないで ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/26

朝の洗顔、起床後なるべく早く!がベスト

女性の朝は、とっても忙しいですよね。 家事や育児に追われて、自分のことはついつい後回しになってしまいます。 しかしなるべくなら、朝の洗顔だけは先に済ませていただきたいのです。 肌の汚れが浮きあがっているタイミングだからです。 就寝中、私たちのお肌は緊張が解れ、緩んでいる状態です。 毛穴から皮脂が浮き上がり、毛穴も広がっている状態なのです。 そのため起床直後は、汚れを取るには最も適している瞬間だと言えます。 洗顔が後回しになってしまうと、せっかく浮き上がっていた皮脂もまた沈んでしまいます。 予洗いをたっぷり ...

ReadMore

ブログ 肌の悩み

2022/6/25

私、敏感肌かも!と思うのはいつですか?

私の肌、敏感で…と思ってませんか? 赤み、痒みなどがあると、それは敏感だと思いがちですがそうとも限りません。 それどころかその赤みや痒みは、実は御自身のスキンケアでその状態を作ってしまった…なんてことも多くあるのです。 思い込み敏感肌になっていないでしょうか?   私、敏感肌かも!と感じるのはいつ? 敏感だと感じる状態は、 ・赤み ・痒み ・ヒリヒリ などが主でしょう。 いつ、どんな時に感じるのかを観察してみましょう。 洗顔後でしょうか? 洗顔中?それとも化粧水をつけているとき?日中?夜中? ど ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/24

泡の質が変わると、肌のくすみが取れてきます

洗顔をするときに必ず必要になってくるのが、泡です。 洗顔の泡にこだわってみてください。 洗顔の質が上がり、肌にも違いが出てきますよ。 泡の役割とは なぜ泡が必要なのでしょうか? 汚れを包むことは勿論なのですが、その他にも意味があります。 手の圧をやわらげることができるのです。 そのためには、泡の量が必要です。 泡のクッションで洗うと、手の摩擦をやわらげることができるのですね。 そしてたくさんの泡には、多くの汚れを含ませることができます。 泡の量が少ないと肌汚れを取ることが不十分になり、汚れの取り残しが起こ ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/23

スチームの新しい使い方

家庭でも簡単に取り入れられる美容器具の一つ、スチーマーの活用法についてお伝えしましょう。 蒸気をあてるタイミングが大事 スチームをあてる目的としては、第一に保湿ですね。 では蒸気をあてるタイミングはどうでしょうか? 洗顔後が一般的かと思いますが、もっとお勧めのタイミングがあります。 それは洗顔の前です。 蒸気をあてていると、水滴がお顔にたくさんついてきますね。 肌が潤うと、毛穴が広がってきます。 この広がるという状態を、洗顔に活かすのです。 毛穴が広がると、毛穴の中に詰まっていた皮脂や角質のお掃除がしやす ...

ReadMore

-スキンケアのコツ, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所