ブログ 肌の悩み

頬のシミは刺激が作ったのかもしれません

シミの原因は、紫外線だけではありません。

「刺激」もシミの要素になります。

頬にあるシミ

洗顔、メイク、洋服の着替え、寝返りをうつときなど、一番刺激を受けている場所はどこでしょうか?

顔は立体的です。

一番出ている部分、つまり「頬」が最も摩擦を受けることになるのです。

紫外線を浴びた時に分泌されるメラニン色素は、摩擦を受けた際にも分泌されます。

毎日刺激(摩擦)を受けている頬は、最もメラニンが分泌されやすい場所ともいえるのです。

その中でもスキンケアの時間は、特にお顔に触れる時間が多くなります。

紫外線だけでなく、日々のスキンケアタイムを意識してみましょう。

・洗顔

→くるくると手を回すのではなく、手の平をお顔にあてていくようにしましょう

・すすぎ

→洗面器にお顔をつけるように行います。手を使う際は両手にすくい、お顔にあてるようにしましょう。

・ファンデーション

→パフで大きくスライドするのではなく、なるべく皮膚が引っ張られないように意識しましょう

・チークブラシ

→ナイロン製のものは摩擦が大きくなります。天然のブラシを選びましょう。こまめに洗浄を心がけることも大事です。

・チーク

→毛穴を詰まらせる練りチークは避けましょう。泡で簡単に落とせるものを選びましょう。

シミができるまで

紫外線や摩擦をうけるとメラニン色素が分泌されます.

この時点で肌は黒化しますが、シミではありません。

この黒化したものが排泄できず肌に残ってしまうと、シミになるのです。

新陳代謝が活発で排泄がスムーズに行われていると、シミはできづらいのです。

子供にシミがないのも、納得ですね。

とは言え、私達は年齢を重ねるほどに肌の代謝力は衰えます。

だからスキンケアが必要になるのですね。

代謝をスムーズに行うためには、古い角質をため込まないことが大事です。

油分の強い化粧品は角質を塗り固め、毛穴を詰まらせ代謝力を低下させます。

正しいスキンケアを心がけていきましょう。

◎一生モノの洗顔をマンツーマンでご指導させていただきます。

スキンケアのコツ ブログ

2022/7/4

毛穴の汚れをかき出す口周りの洗い方

口周りの肌トラブルは、とても多くみられます。 吹出物、かさつき、あぶら浮き、乾燥、くすみ、色素沈着、かゆみ、赤みなどなど。 その原因は、汚れであることがほとんどです。 なぜ口周りなのでしょうか? 口周りに溜まる汚れは、実は鼻も関係しています。 小鼻は、皮脂がたくさん分泌される場所です。 皮溝(キメと言われる溝のこと)を通り下へと降りてきたら…口周りへ溜まります。 口周りにトラブルがある方は、小鼻も併せてチェックしてみる必要があります。 小鼻に毛穴の広がり、吹出物、赤み、小鼻ががっちり固いなどの症状はないで ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/26

朝の洗顔、起床後なるべく早く!がベスト

女性の朝は、とっても忙しいですよね。 家事や育児に追われて、自分のことはついつい後回しになってしまいます。 しかしなるべくなら、朝の洗顔だけは先に済ませていただきたいのです。 肌の汚れが浮きあがっているタイミングだからです。 就寝中、私たちのお肌は緊張が解れ、緩んでいる状態です。 毛穴から皮脂が浮き上がり、毛穴も広がっている状態なのです。 そのため起床直後は、汚れを取るには最も適している瞬間だと言えます。 洗顔が後回しになってしまうと、せっかく浮き上がっていた皮脂もまた沈んでしまいます。 予洗いをたっぷり ...

ReadMore

ブログ 肌の悩み

2022/6/25

私、敏感肌かも!と思うのはいつですか?

私の肌、敏感で…と思ってませんか? 赤み、痒みなどがあると、それは敏感だと思いがちですがそうとも限りません。 それどころかその赤みや痒みは、実は御自身のスキンケアでその状態を作ってしまった…なんてことも多くあるのです。 思い込み敏感肌になっていないでしょうか?   私、敏感肌かも!と感じるのはいつ? 敏感だと感じる状態は、 ・赤み ・痒み ・ヒリヒリ などが主でしょう。 いつ、どんな時に感じるのかを観察してみましょう。 洗顔後でしょうか? 洗顔中?それとも化粧水をつけているとき?日中?夜中? ど ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/24

泡の質が変わると、肌のくすみが取れてきます

洗顔をするときに必ず必要になってくるのが、泡です。 洗顔の泡にこだわってみてください。 洗顔の質が上がり、肌にも違いが出てきますよ。 泡の役割とは なぜ泡が必要なのでしょうか? 汚れを包むことは勿論なのですが、その他にも意味があります。 手の圧をやわらげることができるのです。 そのためには、泡の量が必要です。 泡のクッションで洗うと、手の摩擦をやわらげることができるのですね。 そしてたくさんの泡には、多くの汚れを含ませることができます。 泡の量が少ないと肌汚れを取ることが不十分になり、汚れの取り残しが起こ ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/23

スチームの新しい使い方

家庭でも簡単に取り入れられる美容器具の一つ、スチーマーの活用法についてお伝えしましょう。 蒸気をあてるタイミングが大事 スチームをあてる目的としては、第一に保湿ですね。 では蒸気をあてるタイミングはどうでしょうか? 洗顔後が一般的かと思いますが、もっとお勧めのタイミングがあります。 それは洗顔の前です。 蒸気をあてていると、水滴がお顔にたくさんついてきますね。 肌が潤うと、毛穴が広がってきます。 この広がるという状態を、洗顔に活かすのです。 毛穴が広がると、毛穴の中に詰まっていた皮脂や角質のお掃除がしやす ...

ReadMore

-ブログ, 肌の悩み

© 2022 京都北野美人研究所