スキンケアの考え ブログ

日焼け止めがシミを作る

シミになるのが嫌だから…、紫外線が怖いから…と、日焼け止めを年中使っていませんか?

実はこの日焼け止めこそが、シミを作ることになるのです。

シミはなぜできる?

『紫外線があたること、シミになる』

今やこの考えが定着していますが、実は正しくはありません。

正しいとしたら、子供はどうでしょうか?

たくさんのお日様を浴び、日焼け止めもつけずにめいいっぱい遊んでいます。

でもお顔にシミは…?できませんよね。

そう、紫外線=シミではないのです。

ではなぜ、シミができるのでしょうか?

それは代謝力(ターンオーバー)が関係しています。

紫外線を浴びると、メラニン色素というものが分泌されます。

これが肌が黒くなる(黒化)という状態を作ります。

子供はターンオーバーが早く、この黒化した色素がすぐに排泄されていきます。

しかし大人になるにつれターンオーバー力が低下するため、色素が残ってしまうのです。

これがシミになるというわけです。

日焼け止めがシミを作る?

日焼け止めは、紫外線が肌の奥に入ってくるのを防ぐものです。

これによってメラニン色素の分泌を防ぐのですね。

たしかに黒化することを減少させることができます。

しかし、日焼け止め自体が肌に残ってしまうのです。

汗や水分を弾くように作られている日焼け止めは、化粧水が入りづらい肌を作ってしまいます。

さらに肌は浸透するものですから、いくら丁寧にクレンジングしても100%綺麗に取れるわけではありません。

少しずつ取り残した日焼け止め成分が蓄積され、スムーズなターンオーバーが行われなくなります。

これこそが、シミのメカニズムです。

正しい紫外線対策は?

シミを作らないようにするには、3つのポイントを抑えましょう。

1.ターンオーバーを活発にさせる

2.十分な保湿

3.酸化したアブラ膜を作らない

まずは、1.ターンオーバーを活発にさせることが必要です。

定期的なクレイパックを行い、古い角質を剥がしてあげましょう。

代謝がスムーズになってきます。

さらに2.保湿も重要ポイントです。

水分が足りない肌は、紫外線を肌奥へと取り込んでしまいます。

ひび割れた土のように、隙間から紫外線が透過するのです。

湖や海の水面がキラキラとしているのを見かけますよね。

そのように水が十分に行き届いていると、紫外線を跳ね返すチカラもあるのですよ。

そして最も大事なのが、3.酸化したあぶら膜を作らないということです。

肌から分泌されるあぶら、化粧品のあぶらは、時間の経過とともに酸化し固形化するのです。

これはあぶらが持つ特徴です。

この酸化したアブラは、代謝と水分補給の妨げとなります。

そう、

1.ターンオーバーを活発にさせる

2.十分な保湿

の妨げとなるのです。

酸化したアブラの膜で覆われていると、シミ予防ができません。

あぶら膜を作らないためには、

・油分の多い化粧品を避ける

・紫外線カット製品の使い過ぎ

・正しい洗顔

を心がけましょう。

環境や生活スタイルによっては、日焼け止めを使った方がいい場合もあります。

しかしその分、

1.ターンオーバーを活発にさせる

2.十分な保湿

3.酸化したアブラ膜を作らない

を意識することが必要です。

美容には当たり前と思っていることが、実は間違いであるということも少なくありません。

自然な肌の動きを妨げていないか、正しいスキンケアかどうかを見分ける鍵はそこにありますよ。

スキンケアの考え ブログ

2022/5/19

まぶた周りは汚れの宝庫

まぶたには、たるみ、くすみ、目の下のクマ、まぶたの小じわ、目頭のシワ、などなど。 目の周りには、老化現象が沢山現れます。 なぜなのでしょうか? 実は、目の周りは汚れの宝庫! これが老化を加速させていたのです。 まぶた周りに集まる汚れとは メイク製品をたくさん使うのは、ダントツ目周りですね。 ファンデーション、アイシャドー、アイライン、マスカラ、アイブロウなど、多くの化粧品を付ける部位です。 さらには、アイクリームや美容液などをお使いになる方もいらっしゃるでしょう。 まぶた周りの汚れは、これだけではありませ ...

ReadMore

ブログ 頭皮ケア

2022/5/17

額のシワは頭皮からケアしましょう

額にできる横ジワ。 その原因は、様々あるようです。 例えば筋肉の衰えや、背筋や足裏の硬さも原因ともいわれています。 加えて、頭皮にも原因があります。 肌改善専門家としての見解をお伝えしようと思います。 頭皮と顔は繋がっている 頭と顔は皮膚一枚で繋がっている…とは言いますが、まさにその通り。 繋がっていることで、実際にどういった影響があるのでしょうか? 頭皮は体の中でも最も皮脂が多く分泌されています。 つまり頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすいのです。 さらにシリコンが入っているヘアケア製品や毛染め成分など、頭部 ...

ReadMore

お知らせ

2022/5/13

【セミナーLive】美容業界が言えない肌老化の真実

□色々試したけど結果に繋がらない □ずっと肌に悩みがある □もう歳だから…と諦めムード □鏡を見るのも嫌になっている そんなあなたに今回のセミナーLiveが、お役にたてるかもしれません。 今の世の中には美容法やエステ、化粧品、美容器具などが溢れるほど存在します。 しかし、肌に悩む人は増える一方です。 なぜなのでしょうか? もしかすると私達は、美容業界の常識にとらわれているのかもしれません。 美容に興味なし! エステ経験ゼロ! そんな私がのべ3,500人以上を肌改善に導いているのには、ある法則があります。 ...

ReadMore

スキンケアの考え ブログ

2022/5/13

肌断食は肌トラブルを招きます

断食が、スキンケアにも取り入れられるようになるとは思ってもみませんでした。笑 最近耳にすることが増えてきた『肌断食』は、お勧めできません。 「肌断食で綺麗になったのよね」という方もいらっしゃると思いますが、「しばらく続けると、また吹き出物、赤み、かゆみ、くすみが出てきたんです」と仰る方も少なくありません。 その原因についてお伝えしましょう。 断食が受け入れられる背景 そもそもなぜ、断食が取り入れられるようになったのでしょうか? 現代社会には、溢れるほどのモノが存在します。 体に良くないモノもたくさんありま ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/5/12

あぶらとり紙は使わず、パフで化粧直しをしましょう

日中のあぶら浮きやTゾーンのテカリ、そのままにしていませんか? このアブラを放置していると、お顔がどんどんくすんできます。 そうならないためには、こまめな化粧直しが大切です。 日中のあぶら浮き 「夕方になると、顔がテカってきます…」 とよくご相談をいただきます。 なぜ夕方なのでしょうか?   それには水分量が関係しています。 朝のスキンケアで充分な保湿ができたとしても、冷房や暖房、外気による水分蒸発があると、肌は枯渇します。 水分と油分が肌の保護膜として存在しているのですが、水分が減少することで ...

ReadMore

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所