スキンケアの考え ブログ

小鼻にはトラブルが集中する

毛穴の広がり、赤み、痒み、毛穴の広がり、黒ずみ、あぶら浮き。

そんな肌トラブルが集中して起こる場所があります。

それが、小鼻周り。

そして決まって、ある症状が出てるのです。

今回は小鼻のトラブルについてお伝えしましょう。

小鼻が固い?

小鼻を触ってみてください。

そして小鼻以外の部分も触ってみましょう。

小鼻の方が、硬くなっていませんか?

もしくは、皮膚を分厚く感じるかもしれません。

実は小鼻で起こる様々な肌トラブルは、この硬さと厚みが関係しているのです。

小鼻の皮脂量が影響

小鼻は、皮脂量が高い部位です。

まず起こるのが、あぶら浮きですね。

次にこのアブラが劣化すると、肌に硬さが生まれます。

アブラの劣化は固形化を招き、液体だったアブラはロウソクのように固まっていきます。

この固まる時に、なんと角質も固めていくのです!

これが数日、数ヶ月、数年と続くと、どんどん蓄積されていきます。

アブラが糊替わりになり、角質が積み上げられていくのです。

層ができると肌には厚みが出てきます。

これが小鼻が硬く、ぶ厚く感じる原因なのです。

小鼻の汚れを取る

小鼻が汚い…毛穴が目立つ…。

汚れを取りたい衝動にかられますよね。

しかしピーリングタイプのパックや、スティック状の角栓取りや、毛抜きなどを使っての除去はお勧めできません。

除去した直後は、綺麗になったかのように見えます。

目に見えて、皮脂が取れますからね。

しかしピーリングタイプは新しい角質(細胞)までも剥がしてしまいますし、毛抜きやスティックは毛穴にぽっかりと穴があいてしまいます。

かえって毛穴が目立つようになったり、皮脂量が増加します。

ホットタオルで蒸して除去しようとするのも、やめましょう。

蒸すことで皮脂や角質は少し取れるのですが、数日ですぐに元通りに。

これらは対処療法であり、肌改善とは全く違います。

肌改善とは、肌本来の働きを正常に戻すことです。

まずは小鼻に詰まった皮脂を、洗顔で負担なく除去しましょう。

正しいケアは、まずは皮脂を正常に戻してあげるということです。

酸化していない、新鮮なアブラだけを残してあげる。

すると肌は正常にターンオーバーが始まり、毛穴に詰まった汚れを排泄できるのです。

排泄力が戻ると、小鼻の黒ずみや目立つ毛穴、吹出物、赤み、痒みが改善できます。

小鼻も他の部位と同じように、やわらかさをキープしていきましょうね。

無料メルマガご登録はこちら

-スキンケアの考え, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所