北野式毛穴洗顔とは?

京都北野美人研究所 代表の北野和恵です。

この仕事をしてから、25年が経ちました。

まるで、美容一筋で生きてきたかのようですが、そうではありません。

今年で47歳になる私ですが、生まれてこのかた一度も、エステに行ったことがありません。

 

こういうと、とても驚かれるのですが、元々、美容に興味があったわけではなかったのです。

そんな私がこの仕事をすることになったきっかけが、自分自身の肌老化です。

25歳の時、ある変化が出始めました。

これまでなかった吹き出物が一気に出始めました。

治りも悪く、シミになっていくのです。

さらに興味深かったのは、同年代の友人たちまでも、シミやシワ、吹き出物が出始めたことでした。

 

老化が始まったんだ! そう思いました。

その時に、こうも思ったんです。

「老化って、肌で何が起きてるんだろう? それがわかれば、この老化を止められるかもしれない」

これが、肌研究の始まりでした。

元々、美容に興味がなかったことが、よかったのかもしれません。

こうあるべき、という固定概念がない分、ありとあらゆる実験をしたのです。

 

洗う順番を変えてみたり、洗顔の温度、洗う圧、泡の質、すすぎの時間、手の向きなど、本当に色々試しました。

その実験をしていくうちに、ある考えが出てきます。

 

アブラが、肌老化を加速させているのかもしれない!と。

洗顔しすぎて、アゴの皮がずる剥けてしまったこともあるのですが(自分の肌です。笑)

実験を始めてから、7年が経った頃、お客様のお肌も改善できるようになっていました。

 

その方法が【北野式毛穴洗顔】です。

肌に負担をかけずに、毛穴の奥に潜むアブラと古い角質を取っていく洗顔法です。

何かを付けていく、足していくというこれまでの美容の常識とは、全く逆の発想です。

 

肌には、もともと2つのチカラが備わっています。

◆新陳代謝

◆水分保持

しかしこのチカラは、加齢とともに低下することがわかっています。

ここにもう一つ、大事なことがあったのです。

それが、アブラの質です。

アブラは、酸化するという性質をもっています。

サラサラだったアブラはドロドロと粘りを持ち、ついには固まっていきます。

透明だったのものが、茶褐色の色と変わり、無臭から、悪臭がするようになります。

空気に触れている限り、アブラはその姿、形、臭いを変化させるのです。

 

このアブラは、肌にも存在しています。

皮脂腺から分泌されるアブラ。 そして、化粧品のアブラ。

これらが酸化し始めると、角質をがっちりと固めてしまい、スムーズな新陳代謝ができなくなります。

さらには化粧水がなじまず、保湿ができない肌になるのです。

ただでさえ、加齢とともに低下する、新陳代謝と水分保持のチカラ。

それを、さらに低下させることになるのです!

 

アブラの質をよくすること。

これこそが、スキンケアの真意です。

 

そのために、京都北野美人研究所では肌育成をしています。

 

あなたはまだエステに通いますか?

また新しい化粧品を買いあさりますか?

肌を育てるという新しい美容を始めましょう!

あなたの肌は、変わります。

 

インフォメーション

 

初めてのお客様に、最もお勧めのコースです。

一生モノ洗顔レッスン付きコース。
毎日のスキンケアで、あなたの肌がどんどん変わっていきますよ!

初級・対面コースはこちら

初級・オンラインコースはこちら

汚れは、肌の代謝と共に、少しずつ、肌表面に浮いてきます。

汚れが浮いてきた状態で、中級・1ケ月2dayコースを受けていただくのが理想です。

中級・対面コースはこちら

中級・オンラインコースはこちら

初級、中級コースで肌を整え、肌を育てた後はメンテナンスが大事になります。

上級コースでは、3つのメンテナンスコースをご用意してあります。

上級・対面コースはこちら

上級・オンラインコースはこちら

 

メルマガ・SNS

 

お気軽にお問い合わせください

© 2020 京都北野美人研究所