ブログ 肌の悩み

シミが増えるのは、このチカラが衰えているからです

最近、シミが濃くなってきた!・・・そう感じてはいませんか?

シミが増えたり濃くなってくるのは、秋から冬にかけてです。

この時期に肌が一気に老け込む理由は、代謝力の低下。

肌には元々、新陳代謝力というチカラが備わっているのですが、気温が低下するとこのチカラが衰えます。

正しいスキンケアで、肌のチカラをサポートしてあげましょう。

サポートというと、肌を保護するイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

これは、かえってシミを濃くすることになりますので、ぜひ読み進めてくださいね。

新陳代謝のチカラを活発にする

肌は日々新しい細胞が生み、そして古い角質は剥がれていくという動きを繰り返しています。

これを、新陳代謝又はターンオーバーと呼びます。

この動きをスムーズにしてあげることが、スキンケアで可能なのです。

通常、古い角質は洗顔等で自然に剥がれていきます。

但しここには、2つの条件があります。

 

1.肌に水分が十分あること

肌の水分量が足りないと、角質は硬くなります。

その硬い角質は、肌からはがれにくく徐々に蓄積されます。

ご飯を食べた後のお茶碗を洗う時、前もって付け置きしますよね?

それは、固くなったお米つぶをふやかせて、落としやすくするため。

肌も同じで、水分が不足して硬くなった角質は、カンタンに落とせないのです。

 

2.肌の新陳代謝を遮るものがないこと

余計なアブラの膜があると、肌の動きは一気に滞ります。

クリーム、油分の強いファンデ、UV製品、ジェル、オイルといった油分が、それですね。

つまり、肌表面はずっと古い角質で覆われてる状態。

古い角質は、茶色やグレーがかったくすみがありますから、透明感がない肌へ・・・となっていくのですね。

古い角質を剥がさないままでいると、くすみだけでなくシミができます。

代謝力が低下するのは、季節だけではありません。

年齢を重ねるほど、このターンオーバーが衰えることがわかっています。

多くの方が油分で保護してしまうのですが、これはくすみとシミを悪化させる一番の要因です。

シミ予防とシミ対策は、排泄をスムーズにしてあげることなのです。

日々のスキンケアでできること

◆水分(化粧水)を十分にいきわたらせる

化粧水は最低でも5回に分けて、付けましょう。

5回も入らない!という方は、油膜があります。

余計な油分を付けないスキンケアに切り替えましょう

◆洗顔時間に古い角質を除去する

古い角質を剥がすチャンスは、1日2回。

朝晩の洗顔です。

北野式洗顔では、予洗いからすすぎの時間、お湯の温度、泡の濃度までご指導しています。

初級コースで、お伝えしています。

◆余計な油分を付けない

クリーム類の油分は、肌を潤わせるものではありません。

一瞬しっとりするので、勘違いしてしまうのですが、塗布したその油分は時間が経過すると酸化していきます。

酸化したアブラは、粘りが出てきますから、洗顔しても落とせないアブラへと変わっていきます。

それが蓄積されると、くすみとシミは濃くなっていきます。

◆皮脂を酸化させない

化粧品で余計なアブラを付けないことは、必須条件ですが、もともと肌に備わっているアブラもあります。

そのアブラも同様に酸化すると粘りをもち、取れなくなっていきます。

毎日のスキンケアで、上手に除去していきましょう。

●まとめ

・余計なアブラを付けない

・油分に頼らず充分な水分を与える

・正しいスキンケア(温度、圧、濃さ、タイミングなど)を知って、新陳代謝をスムーズにする

 

無料メルマガご登録はこちら

-ブログ, 肌の悩み

© 2022 京都北野美人研究所