ブログ 肌の悩み

フェイスラインの痒み

痒みは、様々な場所で起こります。

その中でも多いのが、フェイスラインで起こる痒みです。

こめかみから顎あたりまで、お顔の外ラインに沿って痒みが出ることがあります。

実はその原因は、頭皮にあることが多いのです。

汗をかいた時を想像してみてください。

ツーっと頭部からフェイスラインに沿って、汗が流れてきますね。

まさにそのラインにトラブルが出やすくなります。

その理由は3つあります。

ひとつずつ解説していきましょう。

1.頭皮の汚れ

頭皮には多くの毛穴が存在しています。

体の中で最も多いとされているのですが、当然ながら皮脂が多く分泌されます。

皮脂は酸化すると固形化するという特徴があるため、毛穴も詰まりやすくなるのです。

この詰まったアブラは、さらに劣化が進みます。

そのようなアブラがお顔の方にも流れてくるのです。

汗をかく夏場や、スポーツされる方、お仕事柄など、そういった環境もプラスされて頭皮から皮脂が落ちてきます。

よく頭と顔は繋がっていると言いますが、まさにその影響は大きいと言えるでしょう。

シャンプーは毎日行い、ダブルシャンプー(2回シャンプー)しましょう。

最初にシャワーでよく予洗いすることもポイントです。

2.シャンプー剤による影響

シャンプー剤には様々な成分が入っているのですが、その中でもシリコンはよくありません。

ツルツル、さらさら…と指ざわりはとてもいいのですが、それは髪にコーティングをかけているからです。

そのコーティング剤は、シャンプー剤を流す際に顔にも付着してしまいます。

もしくは毛穴に付着したシリコン剤が、時間の経過とともにお顔に流れ落ちてくるということもあります。

皮膚には皮溝と言って、水分やアブラを行き渡らせるための道があります。

この道(皮溝)を通じて、頭皮にあるアブラ、ヘアケア剤などがお顔にかかってくるのです。

シャンプーは、安心安全なものを選びましょう。

3.洗顔やすすぎ漏れ

洗顔を見させていただきますと、フェイスラインまで洗えていないことがよくあります。

御自身では顔の端まで洗えているつもりなのでしょうが、意外とお顔はもっと外部分まであるのですね。笑

生え際まで、耳の際まで、顎裏まで、意識して泡をあてていきましょう。

すすぎや予洗いも同様に、お顔の端まで必要です。

まとめ

1.頭皮に汚れを溜めない

2.シャンプー剤はノンシリコンを選ぶ

3.洗顔やすすぎ漏れがないようフェイスラインまで意識する

無料メルマガご登録はこちら

-ブログ, 肌の悩み

© 2022 京都北野美人研究所