スキンケアのコツ ブログ

化粧水のつけ方次第で、保湿力が上がります

化粧水のつけ方には、コツがあります。

今回は化粧水を肌に届けるための4つのポイントをお伝えしましょう。

◆量

◆回数

◆タイミング

◆化粧水の選び方

◆化粧水の量

化粧水をつける目的は、肌に水分を与えるためですよね。

肌老化の一つは、水分が減少していくことです。

年齢を重ねていくほど、肌にたくさんの水分を与えていかなけばいけません。

しかし、肌は一気に水を吸収しません。

ゆっくりと浸透していくのです。

例えば、鉢植えのお花に水やりをするとしましょう。

バケツ一杯の水を、ドバッと一気にかけるでしょうか?

答えは、NOですよね。

そんなことしたら、鉢から水が溢れてきます。

お肌も同じです。

ゆっくりと、肌の奥まで水分を届けるためには、少量ずつつけることがベストなのです。

化粧水のボトルを2,3回手のひらに振って、一旦お肌に優しくのせましょう。

そして肌に少し浸透するのを、確認します。

その後、また化粧水を重ねづけします。

コットンは使用しません。

コットンがほとんどの水を吸ってしまうことと、繊維が肌に付着してしまうことが懸念されるからです。

◆化粧水の回数

「化粧水は1,2回つけて終わりです」

そう仰る方が多いのですが、最低でも5回つけましょう。

1,2回では、肌は十分に潤いません。

繰り返しますが、肌老化は水分がなくなっていくことです。

スキンケアは、水分を与えることがミッションだとも言えます。

水分補給が足りない肌は、あぶらが過剰に分泌されやすいのです。

または、化粧品の油分(クリームやオイル、ジェル等)に頼わざるを得ません。

これを繰り返してしまうと、水自体を受け付けない肌になっていきます。

少量ずつを手に取り、5回以上付けてしっかり保湿しましょう。

◆タイミング

少な目の量で5回以上の保湿をするためには、タイミングも必要です。

先ほどの例のように、鉢植えの花に水やりをすることをイメージしてください。

急いで、たくさんの量は土に浸透しません。

肌も、ゆっくりと浸透します。

付けた化粧水が少し浸透していくのを確認してから、また化粧水を重ねましょう。

完全に乾くのを待つのではありません。

付けたての状態から、少し水の量が引いた感じがゴーサインです。

そうしてつけていくと、ついには化粧水が顔に余るようになります。

これが肌からのオッケーサイン。

もう満タン入ったよ~の状態なのです。

このサインを感じられるまでは、重ね付けが必要です。

◆化粧水の選び方

多くの化粧品メーカーは、油分ありきのラインナップです。

クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、アイクリーム、保湿ジェル、UV入りの下地、クリームファンデ、カバー力のあるファンデーション・・・

ほとんどの化粧品は、あぶらでまみれています。

油分は、瞬時にしっとりした感触があります。

しっとりした・・・と満足感が得られるかもしれませんね。

ですが、これこそごまかしです!

肌に与えないといけないのは、水。

油分でごまかしても、肌に充分な水を与えたことにはなりません。

これだけ多くの化粧品が世の中にあふれている今、その中から本物を見分けるのは難しいでしょう。

ひとつの選択肢として、油分ありきのランナップになっている化粧品メーカーさんは避けてください。

みずみずしい肌に…とうたいつつ、油分を足すことありきで製品づくりをしているということです。

当サロンでは、アルソア化粧品を推奨しており、正規販売店として取り扱いもしております。

*ご配送につきましてはこちらの【製品発送】をご覧になってください。

あなたの肌は、あなた自身が守り、育てることができます。

この記事が、未来のあなたの肌つくりにお役にたてますように。

no image

お知らせ

2021/2/9

3月ご新規様枠、満了となりました

ご新規様の初級対面コース、初級オンラインコースは、共に3月まで満了となりました。 ありがとうございます。 現在、4月以降のご予約を賜っております。 ユーザー様のメンテナンスや中級コースは、まだ少し空きがございます。 お早めにご予定ご検討くださいませ。

ReadMore

no image

お知らせ

2021/2/5

3月のご新規様枠は、残1枠となりました

現在のご新規様枠は、2月は満了。 3月は、残1枠となりました。 4月以降のご予約も賜っております。 既存ユーザー様のメンテナンス(上級コース)や中級コースの枠は、確保しております。 2月枠は、残りわずかです。 大変多くのお申込みを賜り、ありがとうございます。 京都北野美人研究所  北野和恵

ReadMore

スキンケアの考え ブログ

2021/2/5

化粧が崩れるのか、顔が崩れるのか…どちらを選びますか?

顔は年齢とともに、変形し崩れていきます。 額・・・横じわ、段ができる 目・・・瞼が腫れぼったくなる、目じりが下がってくる、クマができる 口元・・・口角がさがる、ほうれい線が深くなる 頬・・・頬が硬くきれいな丸みが出なくなる フェイスライン・・・下に垂れ下がる このように顔の形が崩れ、顔つきが変わってくるのです。 この原因こそ、間違ったスキンケアにあります。 お顔には、無数の毛穴があります。 その中にある、あぶらと角質、さらには女性が毎日つける化粧品。 それらがうまく排泄ができないと、肌に蓄積されていきます ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2021/2/1

化粧水のつけ方次第で、保湿力が上がります

化粧水のつけ方には、コツがあります。 今回は化粧水を肌に届けるための4つのポイントをお伝えしましょう。 ◆量 ◆回数 ◆タイミング ◆化粧水の選び方 ◆化粧水の量 化粧水をつける目的は、肌に水分を与えるためですよね。 肌老化の一つは、水分が減少していくことです。 年齢を重ねていくほど、肌にたくさんの水分を与えていかなけばいけません。 しかし、肌は一気に水を吸収しません。 ゆっくりと浸透していくのです。 例えば、鉢植えのお花に水やりをするとしましょう。 バケツ一杯の水を、ドバッと一気にかけるでしょうか? 答 ...

ReadMore

no image

お知らせ

2021/1/31

2月ご新規様枠は満了となりました

大変多くの方にお申し込みを頂戴し、感謝申し上げます。 2月のご新規様枠は定員に達し、満了とさせていただきました。 現在、3月以降で承っております。 既存ユーザー様の枠は、まだ少し空きがございます。 肌を本来の状態に戻すには、変化に応じた対処(スキンケア)が必要となります。 そのため当サロンでは、対面やオンラインでのセッション後のアフターフォローを徹底しております。 未来に繋がる肌作りのサポートに尽力してまいります。 京都北野美人研究所  

ReadMore

-スキンケアのコツ, ブログ

© 2021 京都北野美人研究所