スキンケアのコツ ブログ

化粧水のつけ方次第で、保湿力が上がります

化粧水のつけ方には、コツがあります。

今回は化粧水を肌に届けるための4つのポイントをお伝えしましょう。

◆量

◆回数

◆タイミング

◆化粧水の選び方

◆化粧水の量

化粧水をつける目的は、肌に水分を与えるためですよね。

肌老化の一つは、水分が減少していくことです。

年齢を重ねていくほど、肌にたくさんの水分を与えていかなけばいけません。

しかし、肌は一気に水を吸収しません。

ゆっくりと浸透していくのです。

例えば、鉢植えのお花に水やりをするとしましょう。

バケツ一杯の水を、ドバッと一気にかけるでしょうか?

答えは、NOですよね。

そんなことしたら、鉢から水が溢れてきます。

お肌も同じです。

ゆっくりと、肌の奥まで水分を届けるためには、少量ずつつけることがベストなのです。

化粧水のボトルを2,3回手のひらに振って、一旦お肌に優しくのせましょう。

そして肌に少し浸透するのを、確認します。

その後、また化粧水を重ねづけします。

コットンは使用しません。

コットンがほとんどの水を吸ってしまうことと、繊維が肌に付着してしまうことが懸念されるからです。

◆化粧水の回数

「化粧水は1,2回つけて終わりです」

そう仰る方が多いのですが、最低でも5回つけましょう。

1,2回では、肌は十分に潤いません。

繰り返しますが、肌老化は水分がなくなっていくことです。

スキンケアは、水分を与えることがミッションだとも言えます。

水分補給が足りない肌は、あぶらが過剰に分泌されやすいのです。

または、化粧品の油分(クリームやオイル、ジェル等)に頼わざるを得ません。

これを繰り返してしまうと、水自体を受け付けない肌になっていきます。

少量ずつを手に取り、5回以上付けてしっかり保湿しましょう。

◆タイミング

少な目の量で5回以上の保湿をするためには、タイミングも必要です。

先ほどの例のように、鉢植えの花に水やりをすることをイメージしてください。

急いで、たくさんの量は土に浸透しません。

肌も、ゆっくりと浸透します。

付けた化粧水が少し浸透していくのを確認してから、また化粧水を重ねましょう。

完全に乾くのを待つのではありません。

付けたての状態から、少し水の量が引いた感じがゴーサインです。

そうしてつけていくと、ついには化粧水が顔に余るようになります。

これが肌からのオッケーサイン。

もう満タン入ったよ~の状態なのです。

このサインを感じられるまでは、重ね付けが必要です。

◆化粧水の選び方

多くの化粧品メーカーは、油分ありきのラインナップです。

クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、アイクリーム、保湿ジェル、UV入りの下地、クリームファンデ、カバー力のあるファンデーション・・・

ほとんどの化粧品は、あぶらでまみれています。

油分は、瞬時にしっとりした感触があります。

しっとりした・・・と満足感が得られるかもしれませんね。

ですが、これこそごまかしです!

肌に与えないといけないのは、水。

油分でごまかしても、肌に充分な水を与えたことにはなりません。

これだけ多くの化粧品が世の中にあふれている今、その中から本物を見分けるのは難しいでしょう。

ひとつの選択肢として、油分ありきのランナップになっている化粧品メーカーさんは避けてください。

みずみずしい肌に…とうたいつつ、油分を足すことありきで製品づくりをしているということです。

当サロンでは、アルソア化粧品を推奨しており、正規販売店として取り扱いもしております。

*ご配送につきましてはこちらの【製品発送】をご覧になってください。

あなたの肌は、あなた自身が守り、育てることができます。

この記事が、未来のあなたの肌つくりにお役にたてますように。

スキンケアのコツ ブログ

2022/7/4

毛穴の汚れをかき出す口周りの洗い方

口周りの肌トラブルは、とても多くみられます。 吹出物、かさつき、あぶら浮き、乾燥、くすみ、色素沈着、かゆみ、赤みなどなど。 その原因は、汚れであることがほとんどです。 なぜ口周りなのでしょうか? 口周りに溜まる汚れは、実は鼻も関係しています。 小鼻は、皮脂がたくさん分泌される場所です。 皮溝(キメと言われる溝のこと)を通り下へと降りてきたら…口周りへ溜まります。 口周りにトラブルがある方は、小鼻も併せてチェックしてみる必要があります。 小鼻に毛穴の広がり、吹出物、赤み、小鼻ががっちり固いなどの症状はないで ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/26

朝の洗顔、起床後なるべく早く!がベスト

女性の朝は、とっても忙しいですよね。 家事や育児に追われて、自分のことはついつい後回しになってしまいます。 しかしなるべくなら、朝の洗顔だけは先に済ませていただきたいのです。 肌の汚れが浮きあがっているタイミングだからです。 就寝中、私たちのお肌は緊張が解れ、緩んでいる状態です。 毛穴から皮脂が浮き上がり、毛穴も広がっている状態なのです。 そのため起床直後は、汚れを取るには最も適している瞬間だと言えます。 洗顔が後回しになってしまうと、せっかく浮き上がっていた皮脂もまた沈んでしまいます。 予洗いをたっぷり ...

ReadMore

ブログ 肌の悩み

2022/6/25

私、敏感肌かも!と思うのはいつですか?

私の肌、敏感で…と思ってませんか? 赤み、痒みなどがあると、それは敏感だと思いがちですがそうとも限りません。 それどころかその赤みや痒みは、実は御自身のスキンケアでその状態を作ってしまった…なんてことも多くあるのです。 思い込み敏感肌になっていないでしょうか?   私、敏感肌かも!と感じるのはいつ? 敏感だと感じる状態は、 ・赤み ・痒み ・ヒリヒリ などが主でしょう。 いつ、どんな時に感じるのかを観察してみましょう。 洗顔後でしょうか? 洗顔中?それとも化粧水をつけているとき?日中?夜中? ど ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/24

泡の質が変わると、肌のくすみが取れてきます

洗顔をするときに必ず必要になってくるのが、泡です。 洗顔の泡にこだわってみてください。 洗顔の質が上がり、肌にも違いが出てきますよ。 泡の役割とは なぜ泡が必要なのでしょうか? 汚れを包むことは勿論なのですが、その他にも意味があります。 手の圧をやわらげることができるのです。 そのためには、泡の量が必要です。 泡のクッションで洗うと、手の摩擦をやわらげることができるのですね。 そしてたくさんの泡には、多くの汚れを含ませることができます。 泡の量が少ないと肌汚れを取ることが不十分になり、汚れの取り残しが起こ ...

ReadMore

スキンケアのコツ ブログ

2022/6/23

スチームの新しい使い方

家庭でも簡単に取り入れられる美容器具の一つ、スチーマーの活用法についてお伝えしましょう。 蒸気をあてるタイミングが大事 スチームをあてる目的としては、第一に保湿ですね。 では蒸気をあてるタイミングはどうでしょうか? 洗顔後が一般的かと思いますが、もっとお勧めのタイミングがあります。 それは洗顔の前です。 蒸気をあてていると、水滴がお顔にたくさんついてきますね。 肌が潤うと、毛穴が広がってきます。 この広がるという状態を、洗顔に活かすのです。 毛穴が広がると、毛穴の中に詰まっていた皮脂や角質のお掃除がしやす ...

ReadMore

-スキンケアのコツ, ブログ

© 2022 京都北野美人研究所